咳の漢方相談承ります!

咳とは

咳は肺や気管などの呼吸器を守るために、外部から気道内に侵入した異物(ウイルスや細菌などの病原体、ほこりなど)を取り除こうとする『生体防御反応』です。

気道内に異物が入り込むと、まず気道の粘膜表面にあるセンサーが感じ取ります。

この刺激が脳にある咳中枢に伝わると、各器官に咳を出すための指令が送られ咳が出ます。

また、咳には気道に溜まった痰を外部に排出する役割もあります。

気道粘膜には繊毛とその表面を覆う粘液があり、粘膜の表面を潤して保護しています。

この粘液がウイルスや細菌などの病原体やほこりなどの異物を絡め取ったものが痰です。

痰は気道に炎症があると増え、粘り気が強くなっていきます。

痰は外部に向かって異物を追い出そうとする繊毛の運動と、咳によって外部に排出されます。

 

 

咳と漢方

咳は肺が外部からの邪気(身体に悪影響を及ぼすもの)を受けたり、肺自体の機能の失調から起こると考えます。

漢方の考えでは、肺は外からの邪気を防ぐバリア機能をつかさどっています。

したがって、肺が弱いと邪気を受けやすく、咳が起こりやすくなります。

漢方での治療は、鎮咳去痰薬を中心にしながら、身体全体を整えていくことを目標とします。

身体全体の状態を診る指標として、漢方には『気・血・水』と呼ばれる概念があります。

これらは体を構成する要素として考えられており、相互に影響し合いながら、生命活動が維持されています。

様々な病は、その『気・血・水』の不足や滞りによって、身体のバランスが崩れた結果、引き起こされていると考えます。

そのため、これらの不足を補い、スムーズに巡らせ、身体のバランスを整えることが漢方治療の目標となります。

杉本薬局では、様々な症状(悪化条件、軽減条件、痰、鼻水、鼻づまり、喉痛、口渇、寒気、頭痛、汗、発熱、疲れ、だるさ、食欲、大便、小便、冷え、のぼせ、むくみ、ストレス、睡眠など)を伺い、どこに原因があるのかを探っていきます。

専用の相談室をご用意しておりますので、ゆっくりお客様の話を聞き、漢方薬や自然薬、養生方法のご提案をいたします。

初回の方、お急ぎの方はお電話もしくは予約サイトでご予約いただけるとスムーズです。

鎌倉市 大船 横浜市 栄区 笠間 せき 漢方相談 杉本薬局

営業時間→10:00-18:30
定休日→木・日・祝日
tel:0467-46-2454

大船駅笠間口から徒歩3分

漢方相談の予約はコチラ

専用の相談室をご用意しておりますので、ゆっくりお客様の話を聞き、漢方薬や自然薬、養生方法のご提案をいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です