子宮内膜症とは

子宮の内側をおおっている粘膜を子宮内膜といいます。

子宮内膜は、受精卵の着床するベッドのようなもので、妊娠のために重要な場所です。

妊娠に至らなければ、剥がれて経血となって体外に排出されます。

子宮内膜症というのは、もともと子宮の内側にしか存在しないはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所(卵巣、卵管、腹腔内など)にも発生してしまう病気です。

どこに発生しても、子宮の内膜と同様、生理周期(月経周期)に合わせて、発育と出血を繰り返します。

しかし、通常の経血のように出口がないため、血腫となったり、周囲の組織と癒着を起こして様々な痛みをもたらしたりします。

子宮の筋層内にできたものを子宮腺筋症、卵巣の中で血腫になったものはチョコレート嚢胞といいます。

どうして子宮内膜症になるのか、そのメカニズムや原因は諸説あり、まだはっきりと分かっていません。

病院では、お薬や手術によって治療しますが、一度良くなっても再発することもあり、長期間の経過観察、定期的な検診が必要なことの多い病気です。

また、全ての人が不妊症になるわけではありませんが、不妊症の主要な原因のひとつと考えられています。

主な症状

○経血過多
○月経痛
○経血にレバー状のかたまり
○不正出血
○下腹部の張り
...など

子宮内膜症と漢方

漢方には、『気・血・水』と呼ばれる概念があります。

これらは体を構成する要素として考えられており、相互に影響し合いながら、生命活動が維持されています。

様々な病は、その『気・血・水』の不足や滞りによって、身体のバランスが崩れた結果、引き起こされていると考えます。

そのため、これらの不足を補い、スムーズに巡らせ、身体のバランスを整えることが漢方治療の目標となります。

杉本薬局では、様々な症状(生理周期、生理日数、経血の状態、冷え、のぼせ、むくみ、ストレス、イライラ、落ち込み、睡眠、小便、大便、胃の調子など)を伺い、どこに原因があるのかを探っていきます。

専用の相談室をご用意しておりますので、ゆっくりお客様の話を聞き、漢方薬や自然薬、養生方法のご提案をいたします。

初回の方、お急ぎの方はお電話もしくは予約サイトでご予約いただけるとスムーズです。

鎌倉市 大船 横浜市 栄区 笠間 子宮内膜症 漢方相談 杉本薬局

営業時間10:00-18:30 tel:0467-46-2454

大船駅笠間口から徒歩3分